はたらく青年

はたらく青年 (中公文庫)はたらく青年 (中公文庫)
(1997/10)
原田 宗典

商品詳細を見る

はたらく青年」(感想
(著)原田 宗典
はたらくことが青春だッ、笑って汗を流すのだ!昨日もバイト今日もバイト
明日もあさってもアルバイト。
時給300円のガソリンスタンドから、呑み屋店員、ビル清掃、エロ本配達などなど…

やっぱり、若い=貧乏=働くっていう図式が単純に気持ちが良い。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

<<メンアットワーク | ホーム | 範馬刃牙 37巻>>
コメント

高校の頃から部活もやらずバイトバイトできた自分には気になる本です。
文庫化(新書版は欲しくてもいつも手が出ないw)もとっくにされてるようなので、図書館で見かけたら借りてみたいです。。。
by: うにゃこ♪ * 2012/10/09 20:25 * URL [ 編集] | UP↑

うにゃこ♪さん おはようございます。

> 高校の頃から部活もやらずバイトバイトできた自分には気になる本です。

そうなんですね!
なんか、仕事の内容もさることながら
バイト先で知り合う面々やその生態が
なんともいえず、その時代を映し出していて
良い本です。

主人公=著者が実家の都合で貧乏になっても不幸自慢をしないと
決意するところも含め、意志の力で
楽な方、安易な方向に走らないところも
読んでいて好感が持てます。

コメントありがとうございます。
by: きみやす * 2012/10/10 07:12 * URL [ 編集] | UP↑

きみやすさん、こんばんは

原田宗典さん、エッセイばかり読んでいて、
実は小説を読んだことがなくて…i-202

若いころは特に、体力や回復力、行動力も
大事な能力だと思うので、自分の身体を
まさに資本としてバシバシ働くのって
大事な経験になりますよね^^

私は一番最初に働いたのがマックで、
その後はコンビニ、カラオケなどフツーの
ところが多かったです^^;

大学生のときは、ビデオ店&ゲームショップでバイトしてたので、
ゲームに囲まれて幸せでした(笑)
ビデオ売り場とレジが別だったのですが、
アダ○ト関係の売り上げが落ちるということで
女性バイトはレジに入れませんでした…i-229

奇しくも上の記事は、
「メンアットワーク」なんですね^^
若い青年時代の労働と、中壮年期の脂が乗った仕事、、、
比較して読んでみるのも楽しそうですね

山田詠美、熱血ポンちゃんシリーズを
一時期よく読んでました笑

今の日本ではいくつになっても、「女子」という
呼称が好まれてるけど、この人はその年齢年齢にあった
魅力を大事に生きている感じがしますよね
と言いつつ、最近の彼女はあまりよく知らないので
ガラッと変わってたらごめんなさいi-229

くどくない、さりげないセクシー路線で
日常生活を送るのって、日本人女性にとっては、
苦手分野な感じがしますよねi-202
もちろん私も含めてですが…^^;

でも30代女子、40代女子、一生女子宣言!みたいなことに
なっていくと、そのうち60代女子のための、
シニア可愛い雑誌創刊!☆とかなりそうで
ちょっと気になります

私はもう今からでも、
「健康」とか「安心」「壮快」を愛読したい気持ちです笑
それはそれでどうなんだろう…
by: やまねこ * 2012/10/20 18:50 * URL [ 編集] | UP↑

やまねこさん こんばんは

> 原田宗典さん、エッセイばかり読んでいて、
> 実は小説を読んだことがなくて…

いい感じで、エッセイと小説の境目がゆるやかで
読みやすいです。

最近、特に“読みやすさ”って重要だなぁ・・・って考えます。
崇高だったり、重厚だったりする作品も良いですが
それが、過ぎてもいけない気がします。

やっぱり小説にしても何にしても
“読んでもらってなんぼ”だと思うので
とっかかりの多さ、文章の(独りよがりでない)上手さも
必要に感じてきました。

> 私は一番最初に働いたのがマックで、
> その後はコンビニ、カラオケなどフツーの
> ところが多かったです^^;

あ、あの一つ質問なんですが

カラオケでドリンクとか持って行く時って
店員さんってどんな気持ちなんですか?

やっぱり、やまねこさんの好きなスピッツとか歌っていたりすると
「おおっ!」とか内面ではテンションが上がったり(笑)するんですか?
思いいれのある曲を下手に歌われるとイラっとするとか
そういうのはないのでしょうか?

> アダ○ト関係の売り上げが落ちるということで
> 女性バイトはレジに入れませんでした…

確かに賢明な判断かと(笑)

・・・そういえば、女性の店員さんの時にあえて持っていく
奇特な奴がひとりいましたが・・・

この作品を読んでいて思ったのですが。
とりあえず、お金のためにバイトをするのですが
それ以外にも得るものがあるというか
人間関係だったり、社会の仕組みの一端だったり

当たり前の事ですが、自分と違う価値観をもった人間が
山のように存在している事実とか
それを知るだけでも

> 山田詠美、熱血ポンちゃんシリーズを
> 一時期よく読んでました笑

自分は1、2冊ぐらい読んだかなぁ・・・

> 今の日本ではいくつになっても、「女子」という
> 呼称が好まれてるけど、この人はその年齢年齢にあった
> 魅力を大事に生きている感じがしますよね

いくつになっても「女子会」というみたい(笑)ですね。

若い頃から物事の本質みたいなものが
見えている分、今の方がより生きやすそうというか
自分の仕事量や傾向・質を
きちんと自分でプロデュースしているところが
頭が良いなぁと思います。

> 「健康」とか「安心」「壮快」を愛読したい気持ちです笑

あっはっは!!

新聞なんかの広告見ると、ある意味感動しますよね。

昔、みのもんたの“おもいっきりTV”でしたっけ?

あれと、この雑誌群を読んどくと、人間は死なないんじゃないかって
バカなことを友人と話していたことを思い出しました。

それでは!!
by: きみやす * 2012/10/20 22:38 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR