fc2ブログ

ランボー そして リトルランボーズ

ランボー [DVD]ランボー [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他

商品詳細を見る
ランボー」(感想
(監督)テッド・コッチェフ
(主演)シルヴェスター・スタローン

まずはこちらから。
ベトナム帰還兵の“ランボー”が山間の町で受けるいわれなき差別。
ブライアン・デネビー演ずるティーズル保安官の憎々しいこと。

子供の頃から観ている作品なので
ラストまで、一気観でした。

一番最初に観た時は、バイクやヘリのシーンの迫力圧倒され
単純に「行け!ランボー!!やり返せ」とか思っていたのですが

後半のランボーの告白。
(ここが、本当に初期のスタローンの良さと言いますか
演技慣れしてないところが、とても、ぐっと来ます)

そして、トラウトマン大佐の言葉。
(トラウトマン大佐の胸中も複雑だろうな~)

朝鮮戦争の英雄であるティーズルとベトナム帰還兵ランボーの
社会的扱いの違い。
アメリカの威信の為に戦ったはずの二人。

そんなものを含め
エンディング曲であると“It's a Long Road”が流れると
(この歌詞も良く聞くと凄いんです)

一気にこみ上げるものがあります。
原作の『一人だけの軍隊』もオススメです。
一人だけの軍隊 (1982年) (ハヤカワ文庫―NV)一人だけの軍隊 (1982年) (ハヤカワ文庫―NV)
(1982/11)
デイヴィッド・マレル

商品詳細を見る


という訳で、今回の“ブログDEロードショー”の作品はこちらです。
リトル・ランボーズ [DVD]リトル・ランボーズ [DVD]
(2011/06/02)
ビル・ミルナー、ウィル・ポールター 他

商品詳細を見る

リトル・ランボーズ」(感想
(監督)ガース・ジェニングス
(主演)ビル・ミルナー ウィル・ポールター

父親を亡くした少年・ウィルと学校一の問題児・リー・カーターは出会い。
カーターの家でウィルは初めて映画『ランボー』を観る。
ランボーの魅力にとりつかれたウィルは、リーと一緒に
捕らわれたランボーを救出しに行く冒険映画を撮影することにする・・・。

良い。
まず、二人の出会いが、まず、良い。
映画を作っていく過程などは所々突っ込みたくなる部分はあるけど

それらを差し引いても
少年たちの諍い、断絶を描きながらも

ぶっち切りで
ラストシーンの出来栄えが良い。

本当に主演の二人ビル・ミルナーの可愛らしさと
ウィル・ポールターの顔つきと(演技)が、とても良かったです。
スポンサーサイト



テーマ:DVD - ジャンル:映画

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

<<僕はビートルズ 9・10巻 | ホーム | 鉄楽レトラ 2巻>>
コメント
こんばんは☆
>本当に主演の二人ビル・ミルナーの可愛らしさと
>ウィル・ポールターの顔つきと(演技)が、とても良かったです。

本当にそうでしたよね~!
ご一緒できて、嬉しかったです☆
by: miri * 2012/04/22 21:33 * URL [ 編集] | UP↑
「ランボー」から
観てくれたんですね。わたしも「ランボー」大好きなのに、それは思いつかなかった!
「リトル・ランボーズ」の主人公たちへの思い入れも増しましたでしょうか?
リー君の小憎たらしい感じが素晴らしかったです。一見正反対のふたりが出会うシーンもよかったですよね。金魚は可哀そうだったけど・・・。
ラストのお兄ちゃんのいっぱいいっぱいな感じも良かったです。
今回もご参加ありがとうございました♪
by: 宵乃 * 2012/04/23 10:13 * URL [ 編集] | UP↑

miriさん こんばんは

>三谷某の作品でこの前見たようなシーンだったけど

その三谷作品は観ていないので
なんとも言えませんが(申し訳ないです)

三谷幸喜は個人的にもう映画、撮らない方がいいと思っています(笑)

>ご一緒できて、嬉しかったです☆
こちらの方も楽しい時間を過ごさせていただきました。

『マッスル』→『ランボー』→『It's a Long Road』→『シーズン』→『リトルランボーズ』
→何故か『ダニーボーイに耳をふさいで』 miriさんのブログをみて『ポップコーンをほおばって』
                                                 ↑
                                               今ここでございます。        
by: きみやす * 2012/04/23 20:51 * URL [ 編集] | UP↑

>「ランボー」から観てくれたんですね。
そうですね。個人的に『ランボー』Ⅰは好きなので・・・ⅠしかDVD持っていませんが
(そういえば、『ロッキー』もⅠⅡ持ってますけど・・・観返すのはⅠがほとんどですね)

> わたしも「ランボー」大好きなのに、それは思いつかなかった!
大好き・・・なんですね(笑)

> 「リトル・ランボーズ」の主人公たちへの思い入れも増しましたでしょうか?
ある部分では増したんですが、ある部分では
「あ、もう。(俺は)“ランボーの息子”にはなれない」
というどーでもいい事実に
(観る前から気がつけよって話ですが)気がつきました。

でも、彼らにとってはランボー=状況を打破するものとして映りつつも
彼らがそれらを助ける構図を選択する。
自らを行動する者として(意識的・無意識的に関らず)選んでいたのが
ラストにも繋がっているのかなと思います。

> リー君の小憎たらしい感じが素晴らしかったです。
ですよねー。本当に“小憎たらしい”って言葉がぴったりですよね、

>一見正反対のふたりが出会うシーンもよかったですよね。
王道ですけど、いいですよね。

単にクラスメートの仲の良い友達だったら
「俺ん家にすっげえおもしろい映画あんだけど、観に来る?」
「うんうん。観に行く」
・・・・・・何のドラマも生まれそうにないですね。

金魚は可哀そうだったけど・・・。
この辺の感覚が宵乃さんの良い所だと改めて思います。

> ラストのお兄ちゃんのいっぱいいっぱいな感じも良かったです。
なんだ、この兄ちゃんと思ってたんですが
ラストは持って行き方が上手かったですよね。

> 今回もご参加ありがとうございました♪
いえいえ。
こちらも初めての映画を観ることができ、大変楽しかったです。
ありがとうございました。

by: きみやす * 2012/04/23 21:11 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR