ヘミングウェイ短編集 1

ヘミングウェイ短編集 (1) (新潮文庫)ヘミングウェイ短編集 (1) (新潮文庫)
(1970/06)
ヘミングウェイ

商品詳細を見る

ヘミングウェイ短編集 1」(感想
(著)アーネスト・ヘミングウェイ 
(翻訳)大久保 康雄

久しぶりに読み返すと
言葉が(上手く表現できません)ペキペキして
少し戸惑いましたが
読んでいくと、気持ちよくなってきて
だんだん癖になってきます。

語られないことの多さといいますか。
語りすぎなくてもいい。
そんなことを思わせてくれる短編集です。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<冷血 | ホーム | シングルスⅡ>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR