盤上の夜

盤上の夜 (創元日本SF叢書)盤上の夜 (創元日本SF叢書)
(2012/03/22)
宮内 悠介

商品詳細を見る

盤上の夜」(感想
(著)宮内 悠介

第1回創元SF短編賞 山田正紀賞

●堀晃氏推薦――「盤面から理性の限界を超えた宇宙が見える」
●山田正紀氏推薦――「これは運命(ゲーム)と戦うあなた自身の物語」
●飛浩隆氏推薦――「宮内はあなたの瞳(め)に碁石(いし)を打つ。瞬くな」

彼女は四肢を失い、囲碁盤を感覚器とするようになった──
若き女流棋士の栄光をつづり、第1回創元SF短編賞で
山田正紀賞を贈られた表題作にはじまる全6編。

同じジャーナリストを語り手にして紡がれる
盤上遊戯、卓上遊技をめぐる数々の奇蹟の物語。
囲碁、チェッカー、麻雀、古代チェス、将棋・・・
対局の果てに、人知を超えたものが現出する。2010年代を牽引する新しい波。

一気読みでした。

四肢を失い、盤上の感覚が感覚器となる
由宇という架空の女流棋士を生み出した表題作
『盤上の夜』の段階からとんでもないのですが

1話1話、SFでありながら、ミステリのようでもあり

SF的なギミックが光る『人間の王』

近代麻雀なんかを読まれる方なら
喜んで読んでもらえそうな
卓を囲んだ4人の打ち手の個性が光る
『清められた卓』

タイトルのつけ方もあとになってそういうことかと
気がつかされます。

古代チェスを題材にした『象を飛ばした王子』には
「あー。この人を主人公に据えるか」と

その時点で、著者の手の上で気持ちよく
踊らされている感じでした。

対局する二人の最後の言葉が物語を一気に引き締める。
『千年の虚空』

そして、最終章の一行。

この一行を書くために。
ここに到るまでに
それまでの6つの物語は作られたのか?

それとも、この一行に自然と集約されていったのか
著者以外はわかりませんが。

くやしいけども、「やられた!」とも思いました。
同時に「格好良いぞ、ちくしょう」とも強く思いました。

まぁ、だいたい
“ゲーム”を題材にした作品で

おそらくは著者(宮内氏)自身も影響を受けたであろう
『弥勒戦争』の著者である
山田正紀の名を冠した賞をもらうなんて・・・
羨ましい限りです。

あとは、参考文献を見るだけでも楽しく。
(だいたいが、そんな本あるんだ~って感じでしたが)

最後の最後に『あぶれもん』が入っていたもの楽しめました。
何で『G戦場へブンズドア』は入れてなかったんだろ?

楽しみな作家さんがまた増えました。
今後も創元SF賞を応援していきたいと思います。

あとは個人的な思い入れの文章なので
読み飛ばしていただければ幸いです。

・・・・やっぱり、自分にとって
“山田正紀”という作家の存在は特別なものです。
初期の神にまつわる三部作や
『謀殺のチェスゲーム』なんて
ネオ・ステラテジストとかの言葉の格好の良さ。

当時、“大戦略”とかない時代に
自衛隊の軍事演習シミュレーションとして同じようなものを
登場される先見の明だったり

『火神を盗め』とか『虚栄の都市』
今よんだら、正直、シャレになんない内容だったり・・・

第一短編集の『終末曲面』“終末曲面に骰子を投げ入れて”(改題)が
どうしても見つからなくて、たまたまラジオで“ラジオドラマ化?したものを
聴いて、これが処女作なんだと、いうあまりのレベルの高さに
愕然としたのを憶えています。

まだ、RPGとかいうものがほとんど浸透していない時代に
書かれた『宝石泥棒』のイメージの芳醇さだったり

(この作品のお陰で『捜神紀』やら『山海経』やらを
学生の小遣いをやりくりして購入したり)

『たまらなく孤独で、熱い街』
『殺人契約 殺し屋 貴志』などの
海外の影響を受けながらも
(この作品のお陰で『悪党パーカー』を知ったり)
背のびをしていない、日本の身の丈にあった登場人物が行う
犯罪・悪事のリアルさ

『紳士同盟』『紳士同盟ふたたび』ぐらいしか
なかった(であろう)日本のコン・ゲーム小説に

『贋作ゲーム』『『24時間の男』
『ふしぎの国の犯罪者たち』だったり
『裏切りの果実』や『五つの標的』などの
犯罪小説のアイデアを、惜しげもなく、使いきり

本当にジャンルを問わない。
伝奇ものが流行れば、伝奇もの。
架空戦記が流行れば、架空戦記もの。
書けちゃう能力のとんでもなさ。

本当はもっと評価されても良い
作家さんだと思うのですが・・・

今はミステリ方面に力を入れているとはいえ。
また、SFに戻ってきていただきたいな、と
心から思います。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<シングルスⅠ | ホーム | 予告犯 1巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR