スナーク狩り

スナーク狩り (光文社文庫)スナーク狩り (光文社文庫)
(1997/06)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

スナーク狩り」(感想
(著)宮部 みゆき

宮部みゆきの隠れた傑作の一つ。

『火車』の圧倒的完成度の前に影に隠れている印象がありますが

自分を裏切った男の結婚式に散弾銃を持って現れるヒロイン。
「火サスかよ!」とツッコみながら読み始めると

罪とは、人間とは、人は人を許せるのか等。
とてつもない部分にまで話が進展していく
とんでもない作品でした。

大学の学食で読み始め
あまりのおもしろさに次の講義サボった思い出があります・・・
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(1) | Comment(2) | UP↑

<<ヒナまつり 1~3巻 | ホーム | パラダイス・ロスト>>
コメント

確かに宮部みゆきの代表作と言えば「火車」な気がしますけど、他にもたくさん名作があるんですよね。
ミステリもファンタジーも時代ものも書ける作家はやっぱり稀ですよね?

「スナ―ク狩り」、次に古本屋に行くときは絶対買いたいと思います。
他にも宮部でおススメの本があったら是非教えてください!
by: うにゃこ♪ * 2012/04/10 00:23 * URL [ 編集] | UP↑

うにゃこ♪さん こんばんは。
> ミステリもファンタジーも時代ものも書ける作家はやっぱり稀ですよね?

そうですね~。
あれだけ多岐のジャンルを書きながら
ある一定のレベル以上のものをコンスタントに供給できるのは
やっぱり、この人も(外見とは裏腹に)とんでもない作家さんだと
個人的には思っています。

最近は、長くなる傾向がありますけど

『蒲生亭事件』
『ぼんくら』『日暮らし』『おまえさん』

有名な『ブレイブ・ストーリー』も
原作の方が主人公の葛藤や動機がよくわかって
好きですね。

あとは、超能力がOKなら
『鳩笛草』『クロス・ファイア』

意外と拾い物だったのが『チヨ子』

最初に読んだ時に、
「普通、こんなこと考えつかねーって、この人これで、一冊書きあげちゃってるよ!!」と
驚かされたのが『長い長い殺人』でした。

『ICO -霧の城』も賛否両論ありますが
ゲームに対する愛が感じられて個人的には好きです。

現代ものは最近のものは読むのに体力がいるので
時間等、余裕のある時に手をつけられた方が良いかもしれません。

・・・・とか、思うまま書き連ねてみましたが

結局、大事なのは、手に取って面白そうかどうか。

その感覚は、うにゃこ♪さんは既にお持ちだと思うので
こんなおっさんの言うことよりも
自分の感覚で行かれた方が絶対当たる確率高いと思いますよ~。
それでは。
by: きみやす * 2012/04/10 22:02 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://zaq52.blog51.fc2.com/tb.php/1783-b36af134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『スナーク狩り』
スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)宮部 みゆき by G-Tools 最近、宮部みゆきのミステリーを読んでいると、必ずどうしようもない犯罪者が出てくる印象がある。 本当に救いがない。 そんなのは脇役... 月のブログ[2012/04/14 18:09]
| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR