スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

藁の楯

藁の楯藁の楯
(2004/10)
木内 一裕

商品詳細を見る

藁の楯」(感想
(著)木内 一裕
二人の少女に暴行を加え、惨殺した男。
ただ、一人の少女の祖父が日本政財界に強い影響力を
持つ人間であった為、その犯人に懸賞金がつけられた。
その額、十億円。

“人間の屑”の楯になることを要求されたSPである
彼らが直面する相手とは・・・

出だしは見事です。
その桁外れの金額により、人生をやり直すため
いわゆる普通の人間ですら、敵となりうる環境下で
文字通り“人間の屑”とも言うべき犯人を護衛しなければならない
皮肉。

そして、自分たちの位置情報が逐一更新されていくのを知り
自分たちの中に、裏切り者がいるのではと疑心暗鬼にかられて行きます。
この辺は『レザボア・ドッグス』を彷彿とさせ
楽しめます。

ただ、ラストが
「あ、そういう展開かぁ・・・」というのと
蛇足な感じが強いエピローグがちょっともったいなかった気がします。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<水の中の犬 | ホーム | 空色バトン>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。