FC2ブログ

歌謡曲の時代―歌もよう人もよう

歌謡曲の時代―歌もよう人もよう (新潮文庫 あ 57-1)歌謡曲の時代―歌もよう人もよう (新潮文庫 あ 57-1)
(2007/11)
阿久 悠

商品詳細を見る

歌謡曲の時代―歌もよう人もよう」 (感想
(著)阿久悠 

「北の宿から」「勝手にしやがれ」「あの鐘を鳴らすのはあなた」
「サウスポー」「ペッパー警部」・・・
今も人々が口ずさむ、五千を超すヒット曲を作詞し、
平成十九年に世を去った阿久悠。

流行歌のひと節を思い浮かべるだけで、鮮明に浮かび上がってくるあの時代―
歌謡曲を通して日本人の心を見つめるエッセー集。

“歌謡曲は時代を食って巨大化する妖怪である”
と著者は言いますが

個人的にはもはや、歌謡曲の成立することの出来ない時代。
歌もすさまじいスピードで消費されていく現代の消費力。
そちらの方が“怪物”のように思えてしまいます。

ただ、きちんと時代のなかで
生きてきた著者の言葉は
ユーモアに包まれていながら
警句としても、しっかり読ませるものがあります。

もちろん、有名なあの曲の成立秘話としても
単純に、楽しめます。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

08 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<岸和田少年愚連隊 | ホーム | ドアラのひみつ>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR