FC2ブログ

さらばザンメル

さらばザンメル (徳間文庫)さらばザンメル (徳間文庫)
(1988/09)
森 詠

商品詳細を見る

さらばザンメル」(感想
(著)森 詠

テレビ局ディレクターを辞職した生沢功治の元に
元GHQであるナヒマンと名乗る初老の男が
戦後、失踪した父・生沢昭吾に捜しに現われた。

父に対するわだかまりを持つ功治の葛藤を
よそに、謎の男ナヒマンは
翌日、「ザンメルは・・・生きている」という言葉を残して
何者かに殺害される。

ザンメルとは何か?
父の失踪に秘められた秘密とは?

これも、再読。
すごく好きな作品の一つです。

最近、様々な本を読み返してみると
主人公の年齢が、今の自分の年齢よりも若かったりして

昔、沢木耕太郎が
フィリップ・マーロウの年齢に対して
あまりにも老成していることに驚いたという文章を
書いていたのを思い出しました。

この物語の核は、“ザンメルとは何か”というその一点にあります。
それが物語を読む原動力になります。

そして、その極めてシンプルな主題に
父と子。戦争。様々なものが浮かびあがり
消えていきます。

ザンメルの正体、そしてタイトルの意味も含め。

もっと評価されて良い作品の一つだと
個人的に思っています。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 50 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<白銀ジャック | ホーム | 春にして君を離れ>>
コメント

これは、傑作ですね。ザンメルが誰なのかが、わかった時は、エェ!って感じでした。
by: * 2010/12/30 20:44 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは。

> これは、傑作ですね。ザンメルが誰なのかが、わかった時は、エェ!って感じでした。

いや~。まさかこの作品でコメントを頂くとは
思っていなかったので、本当に、嬉しいです。
ありがとうございます。

お書きになられている通り
自分も、ザンメルの正体を知った時には、かなり驚きました。
もっと、評価されても良いと思うんですけどね~。

コメント、ありがとうございました。
by: きみやす * 2010/12/31 18:41 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR