FC2ブログ

河童が覗いたヨーロッパ

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)
(1983/07)
妹尾 河童

商品詳細を見る

河童が覗いたヨーロッパ」(感想
(著)妹尾 河童

再読。

えー、そろそろ、お気づきかもしれませんが
本棚の整理中です。
全く、進んでおりませんが。

これを最初に読んだ時は小学六年生ぐらいですかね。
未だに本棚にある本の一つです。

緻密なんだけど、温かみのある絵
そして、ユーモアと洞察力あふれた文章に
魅了され、異国に思いを思いを馳せたことを思い出します。

続編の一つ『河童が覗いたインド』もオススメです。
河童が覗いたインド (新潮文庫)河童が覗いたインド (新潮文庫)
(1991/03)
妹尾 河童

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 20 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<輝ける闇 | ホーム | 燃える波濤>>
コメント

おはようございますi-265

おお、私も今、ちょうど本棚の整理をしてます…!
ゆっけに買おうと思っている絵本を置く場所がなくて(ノД`)
途中で読まない宣言をしつつ、ついつい手が…i-202
とりあえず、漫画をだいぶ整理しました…(ちょっと悲しいi-241

妹尾河童の『河童が覗いた~』シリーズ、
うちにもあります^w^
正確なスケッチと計測、描写に圧倒されますよね…!
最初のヨーロッパ編の、まだ少しラフなタッチも今見ると
逆に新鮮に思えたり…[絵文字:i-179]

この人の奥さんとのなれそめや、河童という名前への改名の経緯なども
興味深くて、不思議な魅力のある人だなあ…と思います
子供のような好奇心や探究心って、すぐ近くにいる人たちにとっては
ちょっと困っちゃうときもあるかもしれないけど、
こういう職業の人にとっては必要不可欠な要素なのかもしれないですよね

河童さんって、もう80歳くらいなんですよね…!?
そう考えると改めてビックリしてしまいます

ポチ
by: やまねこ * 2010/11/12 09:08 * URL [ 編集] | UP↑

やまねこさん こんばんは

> ゆっけに買おうと思っている絵本

おおっ!いいですね。
絵本を選ぶ時もテンションあがりますよね~。
自分が好きだった作品と再会すると
涙が出そうになります。

> 途中で読まない宣言をしつつ、ついつい手が…

ですよね~。
ほんのちょっと、読み出すと
あっという間に時間が過ぎていて
“新手のスタンド使い”の攻撃かッ!

とか思います。
テスト期間中の机の片付けとか
ふと、読み出したマンガが異常におもしろかったり
(試験後、読み返すとそうでもない)

> 妹尾河童の『河童が覗いた~』シリーズ、
> うちにもあります^w^

嬉しいですね。やっぱり、やまねこさんはスゴい。

> 最初のヨーロッパ編の、まだ少しラフなタッチも今見ると
> 逆に新鮮に思えたり…

ですです。本当に読み返して
そう思いました。

> この人の奥さんとのなれそめや、河童という名前への改名の経緯なども


改名の経緯も笑いましたよね~。

〉こういう職業の人にとっては必要不可欠な要素なのかもしれないですよね

本当にそう思います。
やっぱり、こんな感性の持ち主でないといけないのかもしれませんね。

いつもありがとうございます。
by: きみやす * 2010/11/12 19:39 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR