FC2ブログ

卵をめぐる祖父の戦争

卵をめぐる祖父の戦争 ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ1838))卵をめぐる祖父の戦争 ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ1838))
(2010/08/06)
デイヴィッド・ベニオフ

商品詳細を見る

卵をめぐる祖父の戦争」(感想
(著)ディヴィッド・ベニオフ
(訳)田口 俊樹

「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」
作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。

ときは一九四二年、十七歳の祖父はドイツ包囲下のレニングラードに暮らしていた。
軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された彼は、
饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索に従事することに。
だが、この飢餓の最中、一体どこに卵なんて?
―戦争の愚かさと、逆境に抗ってたくましく生きる若者たちの友情と冒険を描く、
歴史エンタテインメントの傑作。

一気読みでした。

本当に、下らない理由の為に
戦争の真っ只中、飢餓状態の中を
卵を探すはめになる主人公たち。

やっぱり、こういった作品では
相棒のキャラクターが作品を左右すると思うのですが

饒舌で、なおかつ女にもてるコーリャが
訳知り顔で
寡黙でユダヤ系ロシア人のレフに
文学や恋愛指南をしたりするところがたまりません。

この二人の下ネタも多分に含んだ掛け合いが
戦争の極限さ、愚かさを描きながらも
救っている感じがします。

ネタバレの為反転

ラストも決まっていて
「ああ、そういうことか!」と
前半を読み返す楽しみもありました。

久々、良い冒険小説を読んだ、という感じですね。

解説を読むと、実際の祖父母はアメリカ生まれで
この話がプロローグからすべて、フィクションだそうです。

う~ん。この“騙り”は気持ち良い。
ここまで語れる=騙れるから
優れた小説家何だろうなと思います。

後は、ポケミスの装画も変わり“新生ポケミス”としては
とてもいい一冊だったと思います。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<春琴抄 | ホーム | ONE PIECE 60巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR