スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック」(感想
(監督)ロバート・ワイズ
(主演)ジュリー・アンドリュース

諸般の事情でただいま、実家に身を寄せておりまして
明日から新しい部屋に引っ越すことにはなったのですが。

仕事とか、諸々のことをこなしながら(笑)毎日過ごしておるのですが
下の娘から不意に“私のお気に入り”かけてくれない?と言われ
思いつくまま、KANA-BOON(カナブーン)やら
何曲かかけていたのですが。
「・・・そうじゃなくて、『私のお気に入り』って曲」
「へ?」

「(こっちかよ!)なんでこの曲知ってるの?」
「おばあちゃんから、教えてもらった」

実家に帰り
「『サウンド・オブ・ミュージュク』のCDかなんかもってるの?」
「ビデオはまだ、うち現役であるよ」
「マジ!?」

ということで、両親・妻・子供たちと共に見ることに(笑)

ブログDEロードショー 春のファミリー映画企画はこの作品という
とても、いい経験になりました。
ありがとうございます。

内容?素晴らしいの一言です!!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

23 : 30 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(6) | UP↑

転生したらスライムだった件 2巻

「転生したらスライムだった件 2巻」(感想)

割と早く段階で、主人公が無双状態になるので
そこら辺は、楽しくもあり興醒めの部分でもあるので、バランスが難しいですね。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

19 : 50 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

西遊妖猿伝

斉天大聖・悟空が、過去の業にとらわれている所から
いかに天竺に、むかうのかがポイントです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 23 : 46 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

宇宙兄弟

宇宙兄弟の最新刊を読んだのだが、今後の展開で大きく評価が変わりそうな影響を受けました。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 45 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

星の瞳のシルエット

「星の瞳のシルエット」(感想)
(著)柊 あおい

この作品は、多分自分が最初に読んだ少女マンガの一つです。
やっぱ、いいなぁ。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 50 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

うしおととら

「うしおととら」観ました。

ガンガン進むなぁ。

流兄ちゃん、いいねぇ~。ワルい顔だ!!

と、思ったら、あっという間にハマー機関の二博士、再登場。
キルリアン振動機の絵もとても良かった。
やり方はちょっと問題ありますが(笑) 
ある意味、人間の知恵で白面の狡知を出し抜いた場面でもあるので
好きですね。

中学生なのに、身辺整理をするうしお。
そこにはタイトル通り、不帰の覚悟が感じられます。

そこでの妖気を束にして、レーザーのように放つ“穿”
黒炎たちの襲来。

そして、石喰いの鎧を身にまとったうしおの姿。
格好良いよなぁ。自動的に反撃するところも
本編で最初にガッツリ、戦った相手だから燃える。
あの、金の鎧よりは良いですよね。

それにしても字伏の鎧は、ダセエ!!

最後の、一話でのやりとりを再び行うところも、二人の変化も感じられます。


テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 55 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

逆境ナイン・仮面ボクサー

逆境ナイン・仮面ボクサー」(感想
(著)島本 和彦

仕事が終わってからの限られた時間の中で

二者択一!!

逆境ナインの主人公・不屈闘志のように
涙を流しながら(半分マジです)自分の蔵書を選別している毎日です。

それにしても、この二作品はパワーをくれます。
この作品と『柔道部物語』などは素晴らしいのですが
アドレナリンがドバドバでるので、寝る前に読むと無駄に目が冴えてしまいます。




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

断捨離、難しい 2

マジで、難しいッス。
繰り返しになりますけど、思い入れがあるからそもそも買っているんだよ!!
自分の今後の生活や空間諸々。
やらなければならないことなんですが。

自分よりもご苦労されている方がいるのも知っているのですが
この作品が好きだから、持っているんだけどなぁ・・・。
まさに執着なんでしょうね。

まあ、家族や他の人に頼む量じゃないので
悩みこと、それだけでも贅沢なんでしょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

13 : 40 : 00 | 雑記 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

手のひらの熱を 1巻

「手のひらの熱を 1巻」(感想)

この作品の為に週刊少年マガジンをいい歳をしたおっさんが買っています。
オススメです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

22 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

月世界小説

「月世界小説」(感想)

『神狩り』やその他のSF作品に対する愛に溢れた作品です。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

断捨離、難しい。 

断捨離、難しい(笑)

それが簡単にできる人間なら、そもそもこんな人間にはならないよなー。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

22 : 25 : 00 | 雑記 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

雑記

本が、片付かない。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

23 : 50 : 23 | 雑記 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

うしおととら

「うしおととら」観ました。

いいねえ。紅煉がある意味、すっきりするほどの悪役で。
強さも傲慢さも申し分ないですね。
字伏たちも登場し、とらという妖に焦点が当たってきました。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

アメリカ最後の実験

音楽小説であり、青年の成長小説でもあり
父親探し、音・音楽と脳を考えさせる、複合的な作品でありながら読みやすく
アメリカという国の不可思議さを上手く表しています。
そして、著者の独特の文体(乾いているようで、その中からウェットな部分が垣間見える)で語られていくのが
徐々にクセになります。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 53 : 50 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

ラメルノエリキサ

「ラメル二エリキサ」(感想)

復讐を第一義に掲げる少女の物語です。
いい意味で、期待を裏切り
非常にまっとうな、成長小説として、着地します。




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 55 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

掟上今日子の備忘録 1巻

娘がもっていたのを読みおえる。
謎解きは、まぁ。という感じですが。
忘却探偵という設定そのものより、お金大好きなフリーランサーの人間性がいいです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

僕たちがやりました 4巻

「僕たちがやりました 4巻」(感想)

相変わらず、登場人物たちに共感を得られにくい作品です。
今回、唯一共感できたのは、主人公たちでない人物・・・なのにも驚いてしまいます。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 30 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(1) | UP↑

うしおととら 28話

「うしおととら 28話」(感想)

ボロ泣き。
原作の様々なエピソードを略したり、入れ替えも行われているのですが
それでも、熱さは変わらず。
それぞれの登場人物が自分の大切なものの為に
自分を差し出しいく。

その、熱がアニメになっても変わらない。

そこのところはやはり涙腺を刺激してくれます。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

301号室の聖者

301号室の聖者」(感想
(著)織守 きょうや

『黒野葉月は鳥籠で眠らない』の木村・高塚弁護士二人が再登場する、書き下ろし長編です。
新米弁護士の木村は、所属する事務所の顧問先・笹川総合病院の

ある医療過誤訴訟をめぐる損害賠償請求事件を担当する。

訴訟にむけた調査や準備を進めるなか

亡くなった患者がいたその病院の、その病室で

短期間のうち立て続けに、他患者の急死、不自然な医療事故が起きる。

木村が目にした、その病室〈301号室〉の真実とは──

いや、なかなか、前作の短編という部分での鋭さは影を潜めたものの
弁護士さんが書かれただけあって、読み応えは十分あります。

そして、前作に引き続き、新米弁護士の木村のキャラクターがとても良く。
人生にも、仕事にも、不慣れでありながら一つ一つのことに懸命に取り組んでいく姿。
飄々としていながらも、要所要所で木村の成長を促したり、物語の様相を全く変える高塚の存在も
いい対比となっています。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

迷家

「迷家(マヨイガ)」
二話目みました。
「人生やり直しツアー」で合流した若き30人の男女。
ツアーの目的地は納鳴村(ななきむら)と呼ばれる存在が定かではない幻の村。
『納鳴村』では現世でのシガラミに縛られないユートピアの様な暮らしができるはず・・・

30人って人多すぎな気もしますし、そのHNにも「うーん」となりますが
まぁ、どう転んでいくのか。
物凄く(自分の感性に)当たるか。外れるか(失礼)の
どちらかの様な気がしますので
そういった意味でも楽しみにしていました。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア」(感想
アニメ2話目をみました。
丁寧な作りだな・・・というのが印象です。

原作の1話をしっかりと描いた
どうしてもアニメ1話の尺で1話をまとめると、世界設定も
主人公・緑谷出久(デク)の絶望も、爆豪勝己の傲慢さと、デクに対する苛立ちも描けなかったと思うので
あえて、2話に渡って描いたのは正解だったと思います。

「亜人」 (一応)最終話 
ほとんど、この2週ぐらいTVだけ観ていた主人公・永井圭がようやく行動を起こす感じでしたが・・・
佐藤さん無双篇もやっちゃったら、ほぼほぼ、原作刊行分と被るので
あと、最終決戦になだれ込みそうですが・・・

永井のIBMの特殊性とかなんか、納得できそうな理由が描かれそうにない気がします。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

幸せになる勇気

幸せになる勇気」(感想
(著)古賀史健 岸見一郎

『嫌われる勇気』の続編です。

・・・難しいです。

正直、理解することも、ましてや、実行することは更に難しい。
自分の人生に役立つことなのか、自分の今までの価値観そのものを考えるさせる内容になっていて
劇薬といわれる理由もわかる気がします。

自分の人生にある種の困難が生じた際に、どう受け止めるのか。
安易な解答はない。

読んで、自分の中で咀嚼して、なおかつ思索も
必要な本なのは確かです。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

マッド・マックス 怒りのデスロード

マッド・マックス 怒りのデスロート」(感想
監督ジョージ・ミラー
主演トム・ハーディ シャーリーズ・セロン

色んな意味で素晴らしい。

どれだけ言葉を費やしても、上手く良さを表現できない気がします。
ある意味、合う人には合うし、合わない人にとっては、全く合わない作品の一つだと思います。

馬鹿なんだろうけど、突き抜けるとここまで格好いいのか、思い知られる作品です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

23 : 55 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

僕のヒーローアカデミア 8巻

僕のヒーローアカデミア 8巻」(感想
(著) 堀越 耕平

まぁ、色々と主人公たちの成長が感じられる巻なのですが
ある意味、この作品の中で一際、異彩を放った存在・ステイン。

敵(ヴィラン)でありながら、独自の哲学を持ち
主人公の緑谷 出久(デク)だけでなく、敵側の死柄木 弔(しがらきとむら)にも影響を与え

(ここで、ステインのことをより、良く理解しているのが緑谷の方であり、それゆえに死柄木の幼児性・甘さまでが
描かれる描写が見事)

これにより、“オールマイト”を軸に。
その後継者であろうとする緑谷と滅ぼそうとする死柄木の対立の構図が明らかになりました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

ニセコイ 22巻

ニセコイ 22巻
(著)古味 直志

ひっさしぶりに、コミックスを読み終えて
「・・・つまんねぇ」と呟いてしまいました。

最後に、間引きのように、ヒロインたちを消していくのかなぁ・・・と思うと
コミックスを売るにしても、最終巻まで買う方が値がつくかなとは思いますが

それにしても、ここまで、読者と物語・登場人物の行動・心理が乖離した作品になるとは・・・

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

うしおととら

「うしおととら」 第三期スタート!!

OP、すげえ。
大槻ケンヂはやっぱり天才じゃないかな。
『元祖高木ブ―伝説』での無力な自分を描いたように。

今回の『週替わりの奇跡の神話』
サンデーでタイトルは知っていたけど、実際聴くと内容とリンクしていて泣ける。

わずか7日で世界は作られた
同じ早さで崩れる脆さってことさ

永遠なんだと信じていたものも
同じ 愛も夢も 七日間ぐらいで限界
”(後略)

本当にこれからが、見逃し厳禁の内容なので。
“週替わりに奇跡”を堪能したいと思います。

西の妖の長・神野さんが、さりげなく登場していたり(笑)
うしおのガッツポーズが見れたり
(あれ、原作ではさりげなく描かれているんですけど・・・
読者のグッとくるポイントをきちんと焦点をあててくれて、ありがたいことです)

真由子の健気さと小夜さん、いいなぁ。

麻子も、桜も綺麗。
(今回はイヤな役になってしまったのは仕方がないのですが)
今回の分、後からの追い上げがたまらないのですよ。

あと・・・麻子のお父ちゃんが二回目にラーメンを出してくれるところ。
記憶を失っていても、(見ず知らずの少年に対しても)本質的な優しさが感じられて
本当に胸にきます。

EDのラスト、ガンバを彷彿とさせる一枚絵も素敵。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

雑記

V8を讃えよ!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

20 : 00 : 00 | 雑記 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

テンプリズム  8巻

テンプリズム 8巻」(感想
(著)曽田 正人

著者が以前、書いたようにこのマンガは著者初の恋愛マンガでもある・・・らしい。
(あれ、『め組の大吾』は違うんかな?あのヒロインの言動も、この人らしいと思ったのですが)

“恋は単純で原始的な行為である。 それは闘争である。”
(後略) アナトール・フランスの言葉を思い出します。

いかに相手を自分の魅力に従わせるか。
この著者が描くと本当に“闘争”のレベルなので、半端ない緊張感があります。

今巻は本当に、その部分だけ進んでて、その他の部分はあまり進んでないけれども
違った意味で面白かったです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

拳奴死闘伝セスタス 6巻 

拳奴死闘伝セスタス 6巻」(感想
(著)技来 静也

今回は主人公・セスタスの試合はないのですが
十分面白いという、格闘マンガとして素晴らしいの一言です。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 35 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

BLUE GIANT 8

BLUE GIANT 8巻」(感想
(著)石塚 真一

今回はいい意味で“停滞”というか、次のステップに向かう為に力を溜めている・・・そんな印象を受けました。
天才と思えた・雪祈の前に立ちふさがる壁。
JAZZと自分を信じている大。
そして、玉田も色々な葛藤と努力を惜しまない姿。

良いです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 55 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム | 次ページ

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。