FC2ブログ

スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季秋冬編

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)
(1987/03/25)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る
スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季秋冬編」(感想
(著)スティーヴン・キング

もともと、スティーヴン・キングとは自分は相性が合わない作家さんだと思っています。

(ちなみに、自分が、唯一、本を引き破ったことがあるのは『キャリー』でした)
キャリー (1975年)キャリー (1975年)
(1975)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る

当時、高校生でしたが、あからさまな作為が見え見えで。
ラストのカタストロフの為に
不幸な少女が初めて得た幸福の絶頂から一気に転落・・・。

ふざけるなよ。と当時の自分は
そのままそのページから引き破りました。

『マッチ売りの少女』の
結末が気に入らなかった。
なんでかわいそうな女の子が、
かわいそうなコトに
なっちまうんだよ!!
” 

『うしおととら』第1巻より。
本当に、その気持ちでした。

後に、キングの自伝らしき本を読んで、英語教師をしていた時代に、キャリーみたいな女の子が居て(あそこまで酷くはないが)そのいじめをモデルにしたみたいなことが書いてあって「優れた小説家かもしれないけれども
好きにはなれない」と心底思ったものでした。

さて、前置きが長くなりましたが
この作品、映画もさることながら
小説もラストが(くやしいですけども)見事と思いました。

改めて読むと、少年という時間も有限であることを4人は無意識の内に気が付いているようにも思えます。

友情というものは強いものでもありますが
儚いものでもあります。
どんなにその人間関係を維持し続けたいと思っていても

川がどんどんと分かれて行くように。

人はそれぞれの人生を生きていく為に
望む望まざるにかかわらず、変わっていかなければならないのかもしれません。

そう考えると、この作品は少年時代のノスタルジーに浸ることもできれば、少年時代の終わりを描いている作品でも
あります。

・・・Oh stand now

(有名な歌詞の中での“now”は“今”であっても、
現在ではなく、作品で言うところの“一緒に冒険が出来た”川の遠い上流であるようにも感じます)

この歌は素晴らしいです。作品の主旨にも合い
程良い甘みも作品にもたらせます。

ただ、読み返してみて、原作の甘みの無さの方が
最近では良く理解できる気がします。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

21 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR