FC2ブログ

コニーニ事件 

コリーニ事件コリーニ事件
(2013/04/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

コニーニ事件」(感想
(著)フェルディナント・フォン・シーラッハ
(翻訳)酒寄 進一

殺人事件の国選弁護人になった新米弁護士。
だが、被害者は親友の祖父だった・・・

殺人と弁護。
やるべきことをやった。
ただ、それだけ。   (帯より)

2001年5月、ベルリン。
67歳のイタリア人、コリーニが殺人容疑で逮捕された。
被害者は大金持ちの実業家で
新米弁護士のライネンは気軽に国選弁護人を買ってでてしまう。

だが、コリーニはどうしても殺害動機を話そうとしない。
さらにライネンは被害者が少年時代の親友の祖父であることを知り・・・。

公職と私情の狭間で苦悩するライネンと
被害者遺族の依頼で公訴参加代理人になり裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが
法廷で見つけ出した、ドイツに実在した“法律の落とし穴”とは。
刑事事件専門の著名な弁護士が研ぎ澄まされた筆で描く物語。

事件そのものは序盤は短編集『犯罪』に記されている
『フェーナー氏』を彷彿とさせるように淡々と進みます。

新米弁護士であるライネンと敏腕弁護士であるマッティンガー。
この二人のガチガチの法廷劇を期待していたのですが
どちらかというと、ライネンの成長と

ドイツに実在した“法律の落とし穴”が読みどころと言えます。

どちらにしても、この著者でしか書けない内容ですし

この小説によってドイツ連邦法務省が
調査委員会を設置した事実もむべなるかな。

あとは訳者あとがきが非常に丁寧で親切。
著者のインタビュー記事からも
歴史(過去)と現代の(当たり前ですが、繋がり)
ただ、あまりにも当たり前すぎて気がつかないことを
端的に語ってくれます。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR