FC2ブログ

光あるうち光の中を歩め

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)
(2005/05)
トルストイ

商品詳細を見る

光あるうち光の中を歩め」(感想
(著)トルストイ

欲望や野心、功名心などの渦巻く俗世間にどっぷりつかっている豪商ユリウス
古代キリスト教の世界に生きるパンフィリウス。
ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも
そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。

武者小路実篤がトルストイに影響を受けたのを思い出し
本棚から探し出し再読。

自分は特定の宗教に属していない
典型的な日本人の一人ではありますが

学生の頃に読んだときよりも
主人公ユリウスの状況に年齢的に近いため
非常に悩みに親近感を持ちます。

ある意味、個人が宗教に入るまでを描いている
その側面もありますが
人間の普遍的な悩みは本当に変わらないものだと
改めて感じた次第でした。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR