FC2ブログ

コニーニ事件 

コリーニ事件コリーニ事件
(2013/04/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

コニーニ事件」(感想
(著)フェルディナント・フォン・シーラッハ
(翻訳)酒寄 進一

殺人事件の国選弁護人になった新米弁護士。
だが、被害者は親友の祖父だった・・・

殺人と弁護。
やるべきことをやった。
ただ、それだけ。   (帯より)

2001年5月、ベルリン。
67歳のイタリア人、コリーニが殺人容疑で逮捕された。
被害者は大金持ちの実業家で
新米弁護士のライネンは気軽に国選弁護人を買ってでてしまう。

だが、コリーニはどうしても殺害動機を話そうとしない。
さらにライネンは被害者が少年時代の親友の祖父であることを知り・・・。

公職と私情の狭間で苦悩するライネンと
被害者遺族の依頼で公訴参加代理人になり裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが
法廷で見つけ出した、ドイツに実在した“法律の落とし穴”とは。
刑事事件専門の著名な弁護士が研ぎ澄まされた筆で描く物語。

事件そのものは序盤は短編集『犯罪』に記されている
『フェーナー氏』を彷彿とさせるように淡々と進みます。

新米弁護士であるライネンと敏腕弁護士であるマッティンガー。
この二人のガチガチの法廷劇を期待していたのですが
どちらかというと、ライネンの成長と

ドイツに実在した“法律の落とし穴”が読みどころと言えます。

どちらにしても、この著者でしか書けない内容ですし

この小説によってドイツ連邦法務省が
調査委員会を設置した事実もむべなるかな。

あとは訳者あとがきが非常に丁寧で親切。
著者のインタビュー記事からも
歴史(過去)と現代の(当たり前ですが、繋がり)
ただ、あまりにも当たり前すぎて気がつかないことを
端的に語ってくれます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

ヒーローズ・カムバック

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
(2013/04/30)
細野 不二彦、ゆうき まさみ 他

商品詳細を見る

ヒーローズ・カムバック」(感想)
(著)細野 不二彦 
ゆうきまさみ 吉田戦車 島本 和彦(原作・石ノ森 章太郎)
藤田 和日郎 高橋 留美子 荒川 弘 椎名 高志 かわぐちかいじ

大震災後、被災地でのサイン会に参加したり漫画単行本を送ったりと
チャリティー活動を経験した漫画家・細野不二彦が
「漫画家なら漫画を描くことで貢献したい」との思いから、大震災からの復興支援と
「3.11を忘れない」ために、かつての人気キャラクターたちが復活するという企画を提案。

その思いに賛同した8人の人気漫画家たちにより
ビッグスピリッツ・少年サンデー・ゲッサンのコミック3誌に
『ギャラリーフェイク』『サイボーグ009』『うしおととら』『犬夜叉』『銀の匙SilverSpoon』など
大ヒット作の新作読み切り8作品が掲載されました。

その復興支援読み切りシリーズ「ヒーローズ・カムバック」と
2012年3月発売のビッグコミックに掲載された震災を題材にした
かわぐちかいじの『俺しかいない~黒い波を乗り越えて~』を併載して単行本化。

その必要経費を除くすべての収益と印税を寄付することで
復興支援の輪を広げるためのアンソロジー集です。
参加した漫画家は、細野不二彦・ゆうきまさみ・吉田戦車・島本和彦(原作・石ノ森章太郎)
藤田和日郎・高橋留美子・荒川弘・椎名高志 特別ゲスト、かわぐちかいじ

まず、趣旨が素晴らしい。

巻頭で発起人の細野不二彦『ギャラリーフェイク』 
フジタの「~ですぜ」の台詞だけでも一読の価値あるのですが。

被災地でのボランティア活動の意味と
被災地の人々の弱みに付け込み骨董品を買いあさる
“被災地あらし”をフジタなりのやり方で
やり込める内容は爽快な部分もありますが
作中の人物が語る


「大震災は日本列島に生きている
人間一人一人の仮面をはぎとって
良くも悪くも
その本性をあらわにさせてしまった。
われわれ日本人は、今も試されているんだよ!」


の台詞は非常に考えさせられます。

ゆうきまさみ『究極超人あ~る』
変わらないなぁ(笑)。
ある意味、照れも含めてあえてこの作品で
勝負した感じがこの著者らしい。

吉田戦車『伝染るんです。外伝 サラマンダー』
こちらも平常運転(笑)
かわうそが絶滅種に指定されたことに対するドタバタを描く。

島本和彦(原作・石ノ森章太郎)『サイボーグ009』
こちらはあえて
(あとがきにも記載されていますが、石ノ森作品を掲載したいという
要望で)島本先生が描いた作品。
未完の『天使篇』と『黒い幽霊団篇』のラストを組み合わせることにより
002の行動(自己犠牲)を語る作品に仕上がっています。

藤田和日郎『うしおととら』
個人的にこの作品の為に『少年サンデー』を久しぶりに買ったのを
思い出します。
最初、うしおの描き方に若干の違和感を覚えたものの
紫暮・麻子・真由子の姿を見れただけでも既に満足。
敵は“ワルい"きかんしゃトーマスみたいでしたが
とらのいつもの台詞も飛び出し
ラストも安心の藤田節で締めてくれて
やっぱり、『うしおととら』は最高だ!!と思わせる作品でした。

あと、以前も書きましたが『月光条例 13巻』巻末の
4ページマンガも『老人と海』を題材にしながら
人間への賛歌を描いています。
興味のある方は是非。

高橋留美子『犬夜叉』
四魂の玉をめぐる戦いから半年後を描いた
ある意味、正統な続編とも言える作品。
桔梗からかごめに“力”だけでなく“精神”も
受け継がれたことを証明した作品

荒川弘『銀の匙』
宿題でご先祖様を調べることになった小学生の八軒。
屯田兵として北海道開拓に尽力した人々。
アイヌの事も短いページ数ながら
きちんと触れられ、相変わらず構成力と
語りたいことのピントが合っていることに
驚かされます。

椎名高志『GS美神 極楽大作戦』

やっぱり、横島はいいわー!!

人命をなんだとおもってるんですかああああっ!!
他の誰かならともかく何より大事な俺の命っ!!
」とか

ものすごくバカにされてるけど
それでも女子に ほめられると嬉しい・・・
男ってばかだなぁ・・・!


過去に跳び、織田信長の代わりに
天下を統一しようとし、稲葉山城の城代に成り上がる横島。

たとえあれが偽りの夢であっても・・・
夢から覚めなければいいのだ!!

俺が天下を盗れば
最後まで女達の打算に基づく演技は続くはずだああああっ!!

言ってて悲しいけど!!


今でも、このキャラクターを少年誌に登場させたことは
革命的な出来事な気がします(笑)。

対する美神も相変わらずで
(横島が天下を盗った場合のリアクション)

この世の終わりよっ!!
花は枯れるし
鳥は空を捨てるし
人は微笑みをなくしちゃう・・・!!!


まさかの『サンバルカン』ネタ(笑)

信長とのやりとりも
「ツンばっかりでデレがないから
部下に裏切られちまうんだよ!!

人の上に立つ者として
それぐらい知っとけ!」

うわっ あんたが 言う!?
他の誰かなら ともかく あんたが言うか!?
本能寺 行くか コラ!?


歴史上の大人物に対しても全く臆していません(笑)

『GS美神』の後の作品で
比較的短命に終わった感のあった
『MISTERジパング』の信長や
『一番星のカナタ』のセイリュートのプロトタイプなどが登場し
うがった見方ですが、ある意味、椎名先生の復讐戦とも取れます。

そして巻末を飾るのは
かわぐちかいじ『俺しかいない~黒い波を乗り越えて~』

災害派遣時の自衛隊員の活躍こそが
本当の“ヒーロー”にふさわしい という意味で
載せられています。

この作品も素晴らしいです。

硬軟合わせながらも、読み応えたっぷりのアンソロジーです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

22 : 30 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

あやかし古書庫と少女の魅宝 全2巻

あやかし古書庫と少女の魅宝 (1) (REXコミックス)あやかし古書庫と少女の魅宝 (1) (REXコミックス)
(2012/07/27)
ドリヤス 工場

商品詳細を見る

あやかし古書庫と少女の魅宝2 (REXコミックス)あやかし古書庫と少女の魅宝2 (REXコミックス)
(2013/02/27)
ドリヤス工場

商品詳細を見る

あやかし古書庫と少女の魅宝 全2巻」(感想
(著)ドリヤス 工場

うだつのあがらない主人公の元に
異能を持った襲撃者が現れ、謎の“魅宝”を渡せと告げる。
それを阻止したのが、日本刀を持つ少女で・・・
と書くと「それ何てラノベ?」と言われてしまうであろう設定。

このマンガが変に面白いのは見ての通り
それを“水木しげる”タッチでやってしまうことだ。
中途半端でなく各話の終わり方も含めて
大いなる先人への敬意と愛情がこめられていて
最後までそれを貫き通す。

その潔さも含めて好きです。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(1) | Comment(10) | UP↑

周辺雑記 50

まさか、地上波で『怪奇大作戦』を(一部とはいえ)観ることができるとは・・・

それも、『京都買います』!!
久しぶりに観たくなりました。

・・・という訳で 部屋の奥からDVDボックスを取り出し
『京都買います』『呪いの壺』をまず視聴。

京都タワーのシーンにああいった意味があるとは・・・

『呪いの壺』の寺が焼けるシーンは今観ても圧巻。

あとは個人的なトラウマ作品でもある
『青い血の女』
『かまいたち』を続けて視聴。

『かまいたち』のラストも凄かったなぁ・・・
犯人をつかまえた後からが本番とも言えるかもしれません。
(あの歩いている人形の姿でも既にトラウマレベルですが・・・)

理由はなんだ?言ってみろ 3人の殺しを考えた理由は何だ?
他人にうらみでもあるのか?社会に不満でもあるのか!!
言うんだ!!人殺しの理由を言え!!
おい、なんでそんな平気な顔でおられるんだ!答えろ!
」 
青で埋め尽くされた画面から

赤黒いともいえる画面に座る犯人。
そこに 岸田森演ずる主人公・牧の独白が入る。

真面目で、おとなしくて
イタチのように おどおどした目のこの男は、どうして・・・
」 EDへ。

EDクレジット(この色合いからしてとんでもないんですが)
映っている映像が、何か分かった時は鳥肌が立ちました。

内容的にも、結局、犯人にも聡明な牧にすら動機を語らせない
落ち着きの悪さ。

とんでもないです。

(ものの本によると当時、起こっていた連続射殺事件からの着想とも
聞いたことがありますが・・・)

そして、何故か一番最初に観た
レンタル屋ぽつんと置いてあったビデオの中に収録されていた
『狂鬼人間』
ダビングしてDVDに焼いていたものを視聴。

相変わらず、内容も演技も、心底凄いと思いました。

EDクレジット中ですら語りつくそう、演技しつくそうとする
業の強さにも、圧倒されました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 00 : 00 | 雑記 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

群緑の時雨(じう) 全4巻

群緑の時雨 ① (MFコミックス フラッパーシリーズ)群緑の時雨 ① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/03/24)
柳沼 行

商品詳細を見る
群緑の時雨 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)群緑の時雨 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/11/22)
柳沼行

商品詳細を見る

群緑の時雨 3 (フラッパーコミックス)群緑の時雨 3 (フラッパーコミックス)
(2012/09/21)
柳沼 行

商品詳細を見る

群緑の時雨 4 (フラッパーコミックス)群緑の時雨 4 (フラッパーコミックス)
(2013/03/23)
柳沼行

商品詳細を見る

群緑の時雨 全4巻」(感想
(著)柳沼 行

江戸時代初期、幕府が開かれた直後は
まだ地方では小さな国同士の争いが起こっていた。

その中のひとつ、士々国(ししこく)の武家で育てられている中谷霖太郎は
父親が戦で背中を斬られて死んだという不名誉な噂で他の武士から蔑まされていた。

それでも霖太郎は親友の志木 府介や
お転婆な家老の八番目の息女・差床(さしゆか) 伊都と共に
その幼い胸に武士の誇りを刻み、まっすぐ生きようとする。

もうね・・・最終巻でボロ泣き。
3巻までの少年達の葛藤もありながら、それなりに穏やかだった日々。
読み手としても「まぁ、こういう穏やかな作品も、いいかな」ぐらいの印象だったのですが

(正直、購入そのものの一月程時間が経ってからでした)

4巻半ばからの展開のもの凄いこと。
著者自らラストシーンを目指すために描いているとインタビューで答えているだけ
あって圧巻。

一つの事柄が明らかになってから、作中に散りばめられていた
伏線が明かされ、全く違う光景が読み手の前に現れます。

そして、後半の台詞を排して
絵とコマ間で読ませる登場人物たちの心情。

ラストシーンの切なさと美しさ。

前作『ふたつのスピカ』を読んでいる人間には「ああ!そういうことか」という
おまけもついています。

改めて、1~3巻を再読すると
本当に、考え抜かれて、台詞や場面を構築してあり
その丁寧な仕事に舌を巻きます。

(見た目の)派手さはありませんが
おそらく、自分の本棚に長く残るコミックスだと思います。

ありがとうございました。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

光あるうち光の中を歩め

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)
(2005/05)
トルストイ

商品詳細を見る

光あるうち光の中を歩め」(感想
(著)トルストイ

欲望や野心、功名心などの渦巻く俗世間にどっぷりつかっている豪商ユリウス
古代キリスト教の世界に生きるパンフィリウス。
ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも
そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。

武者小路実篤がトルストイに影響を受けたのを思い出し
本棚から探し出し再読。

自分は特定の宗教に属していない
典型的な日本人の一人ではありますが

学生の頃に読んだときよりも
主人公ユリウスの状況に年齢的に近いため
非常に悩みに親近感を持ちます。

ある意味、個人が宗教に入るまでを描いている
その側面もありますが
人間の普遍的な悩みは本当に変わらないものだと
改めて感じた次第でした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

前ページ | ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR