FC2ブログ

おれはキャプテン 16巻

おれはキャプテン 16 (16) (少年マガジンコミックス)おれはキャプテン 16 (16) (少年マガジンコミックス)
(2008/03/17)
コージィ城倉

商品詳細を見る

おれはキャプテン 16巻」 (感想
(著)コージィ城倉

前巻で野球漫画初(おそらく)の理由で
甲子園出場することになった朋王学園。

「ふてくされ王子」と化した主人公・カズマサは
果たして、(自分の意に反して)第一試合を勝つことができるのか?

こんなストーリー展開、誰も考え付きません(笑)

もしくは、打ち合わせの段階で
「これは、ちょっと・・・」ということにならないんでしょうか?

ただ、セオリーというか枠を理解している
=(描ける実力)があるからこそ
あえて、枠を突き破ったところに面白みが生まれてくる。

そんな印象を受けました。
もともと、『砂漠の野球部』を書いてた人だしなぁ・・・

単なる奇をてらうだけの“外し”や“破天荒さ”を狙っていっても
(おそらく)実力のない人は
すぐに、その先がなくなるよう=つくれないような気がします。

ここから先はネタバレ
そして、二回戦の相手である
三省工業高校の雄馬間の登場。

(三省=三羽省吾とは関係ないとは思いますが)

カズマサと同じく
「甲子園を頂点とした高校野球の体育会」が嫌いな男。
ただ、二人の考えはあくまでも重ならず・・・。

この二人の会話のシーンだけでもこのコミックスを買う価値が
あると思います。

カズマサの複雑さを表すには
最適のキャラクターだったのかもしれません。

そして
チームメイトのデレックとカズマサの会話シーンでも

デレック
「雄馬間クンは・・・・・・・・
単にホームランをいっぱい打ってきた人じゃないな・・・・
あの人にはくるモノ-がある」

カズマサ
「ふ・・・“先輩”に言われちまったぜ
『マジメにやれ』-ってな」

この辺の若者が人を認める描写が
本当に上手い。

そして、雄馬間の“熱さ”が
カズマサたちを変えていく――
スポンサーサイト



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

09 : 30 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR