今年の個人的順位です。

さて、今年の順位です。

第一位『星野、目をつぶって。
(著)永椎 晃平






小早川はクラスの中でも日陰者。休み時間は寝たフリ・・・。
クラスメイトには名前も憶えられてない・・・。
とあることから、集団行動を嫌い、高校生活を何とか
静かにやり過ごそうとしている。

だが、ある夕暮れ、そんな彼の前に
彼とは正反対のクラスの人気者・星野海咲の誰も知らないある秘密を知ってしまう。
本来、接点のなかった二人は、どうなっていくのか?

主人公・小早川のはじけっぷりが良かったです。
少年漫画雑誌でありながら、恋愛そのものを否定するような暴言を吐いたり。
ある種、屈折・抑圧している少年の叫びが胸をうちます。

小早川だけでなく、主要登場人物もそれぞれ、表に出ている顔と
内に秘めた感情に差がある人間が多く
作品の中で大きな意味を持つ、“メイク“にも通じる部分があります。

第二位『私の少年1~2巻
(著)高野 ひと深




ふとしたことで知り合った30歳女性・多和田聡子と12歳の少年・早見真修
サッカーを教える事から、二人の距離は徐々に近づいていくが・・・
(1巻の段階でもちらちらと提示されてきた、少年の(父親)への無関心。
ほぼ、ネグレストと呼んでいい状態)

主人公たち、双方も二人のお互いに対する感情や行動が
きめ細かく描かれていますが。

社会・周囲の人間からはどのように見られるのか
2巻ラストのインパクトは凄かったです。
今後の展開が楽しみです。

第三位『スローモーションをもう一度 1巻
(著)加納 梨衣

80年代のものを愛する二人の高校生。
クラスではイケているグループに属している・大滝と
隣の席に座っている地味な女の子・薬師丸。

まず、1話のラストが素晴らしいです。

少しずつ、二人の距離が近づいていく様が
もどかしく、可愛らしくてたまりません。

第四位『双亡亭壊すべし
(著)藤田 和日郎
一話のインパクトは流石の一言です。



第五位『てのひらの熱を 1~3巻
(著)北野 詠一

ものすごく姿勢と人のいい少年・木野下慎也。
全国大会6連覇の天才空手少年・柳屋匠。
きっかけは偶然。
ただ、彼らの“空手道”がここから始まる!!

『週刊少年マガジン』に久々の空手マンガの復活。
とわくわくしていたのですが、なぜ、この作品が・・・と編集部の考え方に
強く疑問を感じました。

もっと評価してもらいたい作品でした。





今回は、人と人が出会い、それにより変わって行く。
そんな出会いの化学反応のようなものに強く惹かれた気がします。

個人的にも、色々とあった年でした。
みなさんも良いお年をお迎え下さいますよう
お祈り致します。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

今年の個人的順位です。

はい、今年も「一人こすヨメ」の記事です。

第1位『四月は君の嘘』















もう、これはアニメも含めどっぷりと楽しませていただきました。
ラストは賛否両論あるかもしれませんが
この帰結しかなかったのではと今は素直に思います。

特別描き下ろしのcodaの為にBDも買い、今月まで金銭的にかなりきつかったのですが、今では良い思い出です(笑)

第2位『黒博物館 ゴースト・アンド・レディ』




この作品もまさか、新シリーズがでるとは思いませんでした。
主人公の一人を実在の人物を登場させ
かなり、大変だったと思うのですがきちんと完結させてくれて、改めて著者の力量に感服した次第です。

著者の代表作である『うしおととら』の“人間とそうでないものの関係”のその先を
ある意味、青年誌だから描けた部分もあったのかな、と思います。

NHKの『漫勉』でのホワイトの使い方が話題になったり
前述の『うしおととら』がアニメ化したり(4月から第3期なんですが『風が吹く』からスタートって楽しみ過ぎです。)
往年の藤田ファンには幸せな一年でした。

来年から少年サンデーで新連載も始まるようですし、まだまだ楽しませてくれそうです。

第3位『有害都市』




表現とはなにか?検閲とはなにか?
自分たちがあたりまえのように享受しているものが
そうでなくなったとしたら?

色々な立場でもっと語られた方が良い作品だと思います。

第4位『トクサツガガガ』







この作品と対になったような『コンプレックス・エイジ』も面白かったです。

人と趣味の関係性。
ぶっちゃけ、オタクを卒業(笑)できるか、できないか?
まぁ、ある種、気質ですよね。
止めようと思ってできるなら、とっくに止めてると
ある登場人物の言葉は真実だと思います。

第5位『神様の横顔』
天才と秀才の物語です。





才能とは?努力とは?
まだまだ、始まったばかりの物語ですが。
「おお!そう来るか」という展開もあり楽しみです。

『王様たちのヴァイキング』
『銀狼ブラッドボーン』
『乙嫁語り』
『辺獄のシュヴェスタ』
『恋は光』
『僕たちがやりました』
『リ・モンスター』もそれぞれ独特で、面白かったです。

本年も色々な方にお世話になりました。ありがとうございます。来年も宜しくお願い致します。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

20 : 00 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

今年の個人的順位です。

今回も一人『こすヨメ』を決めさせていただきます。
30センチスター(1) (講談社コミックス)30センチスター(1) (講談社コミックス)
(2014/03/17)
北野 詠一

商品詳細を見る

30センチスター(2)<完> (講談社コミックス)30センチスター(2)<完> (講談社コミックス)
(2014/09/17)
北野 詠一

商品詳細を見る

1位『30センチスター』
今年は、この作品が1位となりました。
なんで、2巻で完結してしまうんだよ。と編集部に疑問すら感じるレベルで。
本当にもったいないですね。
タケヲちゃん物怪録 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)タケヲちゃん物怪録 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
(2012/05/11)
とよ田 みのる

商品詳細を見る


2位『タケヲちゃん物怪録』
この著者らしい、見事な終わり方でした。
生原稿は一生の宝物です。

アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る

アオイホノオ 12 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 12 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2014/07/11)
島本 和彦

商品詳細を見る


3位『アオイホノオ』
今更という感じなのですが
マンガの実写化でこんなに成功したのは無いのではと思わせるぐらい
TVドラマにどっぷりと浸かり本当に楽しませていただきました。

テキサスレディオギャング (ヤングジャンプコミックス)テキサスレディオギャング (ヤングジャンプコミックス)
(2014/10/17)
榎屋 克優

商品詳細を見る


4位『テキサスレディオギャング』
ラジオドラマという題材を使いながらも、こんなにも熱量を感じさせる作品が
今まであっただろうかと思い知らされます。

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)
(2014/06/05)
草川為

商品詳細を見る


5位『今日の恋のダイヤ』
読み終えて、本当に気持ちの良い作品で
心が洗われる感じがしました。

本当に最後まで迷ったのは『四月は君の嘘』
ラストへの盛り上がりが半端無いです。
こちらのTVアニメにも、どっぷりと浸かり本当に楽しませていただいています。
あとは『シャーリー 2巻』『鉄風』『戦国妖狐』『スピリット・サークル』
『白暮のクロニクル』
現在連載中の『黒博物館 ゴーストアンドレディ』も楽しみにしています。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

21 : 00 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

今年の個人的順位です。

今回も一人『こすヨメ』を決めさせていただきます。

印象に残った作品といえば

『ハイスコアガール』
『日々ロック』
『月影ベイベ』
『戦国妖狐』
『進撃の巨人』
『北斗の拳 イチゴ味』
『重版出来! 』
『自殺島』
『きのう何食べた』
『花もて語れ』
『さよならソルシエ』
『岸辺露伴は動かない』
『言の葉の庭』
『リアル』
『マージナル・オペレーション』
『聲の形』
『1/11 じゅういちぶんのいち』
『バガボンド』
『宇宙兄弟』
『花と落雷』
『神様がうそをつく。』
『狼の口 ヴォルフスムント』
『ルドルフ・ターキー』
『ひとりぼっちの地球侵略』
『切り裂きウォルター』
『放課後ソードクラブ』
『オールラウンダー廻』
『3月のライオン』
『へうげもの』
『ケンガイ』
『ちはやふる』
『ハチワンダイバー』
『ボールルームへようこそ』
『四月は君の嘘』
『予告犯』
『脳内ポイズンベリー』
『失恋ショコラティエ』
『花よりも花の如く』
『アリスと蔵六』
『I(アイ)』
『ラストマウンド』
『ミル』
『ヒストリエ』
『不器用な匠ちゃん』
『ベイビーステップ』
『ベアゲルター』
『となりの怪物くん』
『タケヲちゃん物怪録』
『砂の栄冠』
『よるくも』
『ハイキュー』
『少女ファイト』
『東京喰種(トーキョーグール)』
『キングダム』
『げんしけん 二代目』
『王様達のヴァイキング』
『鉄楽レトラ』
『繕い裁つ人』
『木曜日のフルット』
『パレス・メイヂ』
『ヒーローカンパニー』
『アオイホノオ』
『惡の華』 
『いつか、夜明けの空で待ってる。』
『BUTTER!!!』
『capeta』
『ヒーローズ・カムバック』
『あやかし古書庫と少女の魅宝』
『群緑の時雨』
『ねじまきカギュー』
『東京喰種(トーキョーグール)』
『刻刻』
『ディザインド』
『ドリフターズ』
『暗殺教室』
『マホロミ』
『勇者ヴォグ・ランバ』
『それでも町は廻っている』
『テラフォーマーズ 』
『常住戦陣!!ムシブギョー』
『月光条例』
『青春離婚 』
『ネコあね。』
『マシカク・ロック』
『第三世界の長井』
『危ノーマル系女子』
『まりかセヴン』
『ULTRAMAN』
『げんしけん二代目』
『オールラウンダー廻』
『かみのすまうところ』

『拳奴死闘伝セスタス』
『百舌谷さん、逆上する』
『スピリット・サークル 魂環』
『デストロイアンドレボリューション』
『すみれファンファーレ』
記事は書いてないけれども、良かった作品として印象に残っているのは。

今回もあえて、今まで入れた作品は除外して決定させてもらいます。

『3月のライオン』と『リアル』
『1/11じゅういちぶんのいち』『疾風伝説 特攻の拓 外伝 “Early Day’s”』
『宇宙兄弟』『花もて語れ』『ちはやふる』


1位『惡の華』
惡の華 (8) (講談社コミックス)惡の華 (8) (講談社コミックス)
(2013/06/07)
押見 修造

商品詳細を見る

惡の華(9) (少年マガジンコミックス)惡の華(9) (少年マガジンコミックス)
(2013/08/09)
押見 修造

商品詳細を見る


今年も、この作品が1位となりました。
(本来であれば除外しなければならない作品なのですが)
どうしても、どうしても除外ができませんでした。

8巻での思わぬ人物との再会により
春日は再び、自分の殻にこもるような、死んだ目をした高校生活に戻ろうとするのだが
彼をその状態から救ってくれた常盤への想い。
最新刊の9巻での春日の決断には目頭が熱くなります。

ただ、今月の雑誌掲載分に登場した
この作品を牽引してきたともいえる“彼女”との再会。
これによって、春日は再度、決断を要求されることとなります。
さて、どういう方向に物語が進むのか
祈るような気持ちです。

TVアニメにも、どっぷりと浸かり本当に今年一年、楽しませていただきました。

2位『青春離婚』
青春離婚 (星海社COMICS)青春離婚 (星海社COMICS)
(2012/09/10)
HERO

商品詳細を見る


同じ名字で同じクラス、それだけの偶然だったはずが
気づけばクラス中から「夫婦」と呼ばれるようになり——。

もう、今年はヒロインの当り年といっても良い位でした。
佐古野郁美。
彼女と同じ名字の佐古野灯馬との出会いによって
生きていくことがほんの少しだけ楽になり
変わっていく様の素晴らしいこと。

モノローグの入れ方。セリフと吹出しの使い方。コマの割り方。

その独特な使い方が、二人の距離の変化を表現するのに
もの凄く効果的でした。

3位『いつか、夜明けの空で待っている。』
いつか、夜明けの空で待ってる。(1) (少年マガジンコミックス)いつか、夜明けの空で待ってる。(1) (少年マガジンコミックス)
(2013/03/15)
荒木 宰

商品詳細を見る

いつか、夜明けの空で待ってる。(2) (少年マガジンコミックス)いつか、夜明けの空で待ってる。(2) (少年マガジンコミックス)
(2013/09/17)
荒木 宰

商品詳細を見る


いや~。王道の恋愛ものなんですが。
(サブヒロインのはず)の若竹 英先生(2巻表紙)がとても良かったのですが・・・
1巻は特に。
ただ、2巻後半から、掲載誌を見ていると
本当に、せっかくの伏線を、あっさり処理していくのが
とても勿体無い作品です。 

ただ、初単行本とは思えない1巻の出来はとんでもないです。

4位『ケンガイ』
ケンガイ 1 (ビッグコミックス)ケンガイ 1 (ビッグコミックス)
(2012/12/27)
大瑛 ユキオ

商品詳細を見る

ケンガイ 2 (ビッグコミックス)ケンガイ 2 (ビッグコミックス)
(2013/08/30)
大瑛 ユキオ

商品詳細を見る


これまたすごい新人さんです。
就活をドロップアウトし、レンタル屋でバイトを始めた主人公・伊賀は
同じ職場の“圏外”と云われている白川さんに惹かれていくのですが。

この“映画を観ること”を人生の目的と思っていて
人生や生活のほとんどを映画に特化させているヒロイン・白川さんが
正直、羨ましいですし、憧れます。
結局のところ、自分は、そうはなれないことを知っているので。

そんな白川さんになんとか近づきたいとアプローチしていく伊賀だったが・・・
会話が成立しているような、全く成立していないようなところが
男としては、思わずもらい泣きしてしまいそうなレベル(笑)で

「割り切って、次の娘に行けばいいだろ?」と思いながらも
どうしても、こだわってしまうところなど
先(着地点)がみえないところも含め、とてもリアルで面白い作品です。

5位『予告犯』
予告犯 3 (ヤングジャンプコミックス)予告犯 3 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/09/10)
筒井 哲也

商品詳細を見る


本当に『よるくも』『日々ロック』『危ノーマル女子』
『月影ベイベ』『マージナル・オペレーション』『神様がうそをつく。』
『四月は君の嘘』『アリスと蔵六』『ラストマウンド』
『暗殺教室』『群緑の時雨』『マホロミ』
『勇者ヴォグ・ランバ』とも迷ったのですが

最後はこの作品。
3巻でしっかり完結したことも、終わらせ方もきちんとしていて
気持ちが良かったです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

22 : 55 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

今年の個人的順位です。

今回も一人『こすヨメ』を決めさせていただきます。

印象に残った作品といえば
『ミル』
『拳奴死闘伝セスタス』
『グラゼニ』
『げんしけん二代目』
『ヴィンランド・サガ』
『君に届け』
『強制ヒーロー』
『まおゆう魔王勇者』
『とめはねっ!』
『惡の華』 
『草子ブックガイド』
『シュガーレス』
『なにかもちがってますか』
『ハルシオン・ランチ』
『四月は君の嘘』 
『鋼鉄の華っ柱』
『ましろのおと』
『君に届け』
『イコン』
『GIANT KILLING』
『疾風伝説 特攻の拓 外伝 “Early Day’s”』
『ネコあね。』
『同窓生代行 売野機子作品集 2』
『ロンリープラネット』
『しずかの山』
『34歳無職さん』
『ひとりぼっちの地球侵略』
『予告犯』
『スピリット・サークル 魂環』
『戦国妖孤』
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
『ぼくは麻理のなか』
『きのう何食べた?』
『闇金ウシジマくん』
『6のトリガー』
『暗殺教室』
『夜さん』
『リアル』
『ボールルームへようこそ』
『ゆうやみ特攻隊』
『坂道のアポロン』
『アオイホノオ』
『ラブロマ 新装版』
『リュウマのガゴウ』
『東京喰種(トーキョーグール)』
『デラシネマ』
『プロチチ』
『高杉さん家のお弁当』
『ひらけ駒』
『タケヲちゃん物怪録』
『狼の口 ヴォルフスムント』
『ちろり』
『テルマエ・ロマエ』
『自殺島』
『デストロイアンドレボリューション』
『イティハーサ』
『ヒーローカンパニー』
『テラフォーマーズ』
『よるくも』
『花もて語れ』
『俺物語』
『一週間フレンズ。』
『ぼくらのフンカ祭』
『進撃の巨人』
『砂の栄冠』
『ダブルマリッジ』
『水使いのリンドウ』
『ニセコイ』
『1/11じゅういちぶんのいち』
『それでも町は廻っている』
『脳内ポイズンベリー』
『へうげもの』
『アゲイン!』
『とある科学の超電磁砲』
『となりの関くん』
『ハチワンダイバー』
『ちいさな広場』
『ハイスコアガール』
『夜回り先生 希望編』
『ポンチョ』
『I(アイ)』
『修羅の門 第弐門』
『キーチVS』
『ハンザスカイ』
『宇宙兄弟』
『羊の木』
『百舌谷さん、逆上す』
『さらば、やさしいゆうづる』
『すみれファンファーレ』
『ちはやふる』
『最果てアーケード』
『エバーグリーン』
『宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3』
『羣青』
『日々ロック』
『capeta(カペタ)』
『ほしのうえでめぐる』
『ウツボラ』
『乙嫁語り』
『失恋ショコラティエ』
『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』
『鉄風』
『美大受験戦記 アリエネ』
『一匹と九十九匹と』
『サムライソルジャー』
『バビル2世 ザ・リターナー』
『アバンチュリエ』
『鉄楽レトラ』
『オールラウンダー廻』
『刻刻』
『BUTTER!!! 』
『エクゾスカル零』
『海街diary』
『3月のライオン』
『となりの怪物くん』
『月光条例』
『屋上姫』
『BILLY BAT』
『よいこの黙示録』
『Sunny』
『血潜り林檎と金魚鉢男』
『おおきく振りかぶって』

今回もあえて、今まで入れた作品は除外して決定させてもらいます。

『3月のライオン』と『リアル』
『1/11じゅういちぶんのいち』『疾風伝説 特攻の拓 外伝 “Early Day’s”』
『宇宙兄弟』『花もて語れ』『ちはやふる』


1位『惡の華』
惡の華(7) (講談社コミックス)惡の華(7) (講談社コミックス)
(2012/12/07)
押見 修造

商品詳細を見る

惡の華(6) (講談社コミックス)惡の華(6) (講談社コミックス)
(2012/06/08)
押見 修造

商品詳細を見る

惡の華(5) (講談社コミックス)惡の華(5) (講談社コミックス)
(2012/01/06)
押見 修造

商品詳細を見る


これも(本来であれば除外しなければならない作品なのですが)
どうしても、どうしても除外ができませんでした。

それくらい、最新刊の7巻の出来が良いです。
主人公の閉塞感と、衝動を抱え、曲がりくねった中学時代。
そして、目的を失い、死者のように生きている高校時代の現在の対比。
彼を甦らせたものは?
巻末のヒキも素晴らしく、次が楽しみです。

2位『四月は君の嘘』

四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/09/14)
新川 直司

商品詳細を見る

四月は君の嘘(3) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/05/17)
新川 直司

商品詳細を見る

四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
新川 直司

商品詳細を見る


この作品も、2巻から異常に音楽の表現が上手くなっていきます。
どんどんと次の展開が気になって仕方がありません。

3位『最果てアーケード』
最果てアーケード(1) (KCデラックス)最果てアーケード(1) (KCデラックス)
(2012/02/13)
有永 イネ

商品詳細を見る

最果てアーケード(2) (KCデラックス)最果てアーケード(2) (KCデラックス)
(2012/04/13)
有永 イネ

商品詳細を見る


小川洋子のあの原作をよくここまでマンガ化できたな・・・と
後に刊行された小説を読み、改めてその新人離れした構成力と画力に感嘆。

4位『ボールルームへようこそ』
ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/05/17)
竹内 友

商品詳細を見る

ボールルームへようこそ(2) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/07/17)
竹内 友

商品詳細を見る

ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/11/16)
竹内 友

商品詳細を見る


これまたすごい新人さんです。
社交ダンスから、こんな熱量を感じるとは思いませんでした。

5位『予告犯』
予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス)予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/10)
筒井 哲也

商品詳細を見る

予告犯 2 (ヤングジャンプコミックス)予告犯 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/12/10)
筒井 哲也

商品詳細を見る


『よるくも』『リュウマのガゴウ』とも迷ったのですが
最後はこの作品。
1巻の出来が非のつけどころがないほど。
この作品も次が楽しみです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

23 : 55 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム | 次ページ

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR